救急救命士国家試験過去問題

解説を記載しているページは救急救命士標準テキスト第9版を参照して下さい。


41C1

35歳の男性。作業中に右手をハチに刺された。冷水で冷やしていたが、かゆみを伴った皮疹が出現し、咳と呼吸苦とを訴えて救急要請した。救急隊到着時観察所見:意識JCS10。呼吸数30/分。脈拍120/分、整。血圧80/60mmHg。右の手背は赤く腫脹、全身の皮膚は紅潮して蕁麻疹を認める。以前にハチを刺されて同様の症状がみられたが、自己注射用アドレナリンは所持していないと聴取した。この傷病者に対して行う適切な救急救命処置はどれか。1つ選べ。

  1. 乳酸リンゲル液の投与
  2. 血糖測定器を用いた血糖測定
  3. 気管内チューブによる気道確保
  4. バッグ・バルブ・マスクによる換気補助
  5. 同僚に処方された自己注射用アドレナリンの投与

1

前の問題へ           次の問題へ 

[ 指定問題へ移動 ]

abcd
問題番号
半角で入力


第42回A問題99の場合
□の中に
42
a(小文字)
99
と半角で入力し、
移動ボタンを押してください。