解剖学テスト
解説のページ数は「新版からだの地図帳」を参考にしています。

アクセスカウンター

 
P138

「約」というのは尾椎の癒合に個体差があるから。

×
P9
正しくは矢状面。

 ×
P9
正しくは水平面。

 ○
P16

 ×
P139
11・12番目の肋骨は肋軟骨を介して胸骨に結合していないため正面から見たシェーマでは見えにくい。

 ○
P139

 ×
P138
尾骨は尾椎に分類され、仙椎とは別物。

 ○
P17
背面観察で触れるのは棘突起であり、椎体そのものではない。

 ○
P17

 ×
P17
椎間板は筋肉ではなく靭帯。

×
P107、126
腸骨・恥骨・坐骨を合わせたものが寛骨。寛骨に仙骨と尾骨を合わせて骨盤と呼ぶ。

×
P22
脊髄は頸部から第1~2腰椎の高さであり、それより足側は馬尾神経となる。


P22
脊髄よりも足側の中枢神経は細く分かれ、馬尾神経と呼ばれる。

×
P13
外側から順に硬膜・クモ膜・軟膜。


P18


P20
ちなみに間脳は内分泌系に深く関与する。

×
P26
頸動脈(内頸動脈)と椎骨動脈が責任血管。

×
P27
脳底動脈は1本。

×
P19、29
経路は眼球→視神経→(視交叉)→(視床)→視覚野(後頭葉)。

 ○
P22

×
P21
視床下部は自律神経系。意識や覚醒・睡眠は脳幹が担当。


P21
小脳虫部は平衡感覚(内耳・前庭の情報を処理する)、小脳半球は協調運動を担当。


P20
被殻は視床下部の外側に隣接する被殻+淡蒼球=レンズ核、レンズ核+尾状核+前障で大脳基底核。

×
P20
大脳と中脳、中脳と小脳の間は軟骨で仕切られていない。


P22

×
P29、P167
視神経は視覚の情報伝達のみ。瞳孔括約筋は動眼神経が担当。


P180

 ×
P180
細胞内でのタンパク質合成はリボゾーム。ゴルジ装置は分泌顆粒(細胞内の物質を細胞外に出す)に関与する。

 ×
P180
「○」をした人は植物か?動物の細胞表面は「細胞膜」でしょ!


P185
無核細胞としては赤血球、多核細胞としては白血球が好例。


P185
自己複製能と分化能をもつ細胞を幹細胞といいます。

×
P38
口腔→咽頭→喉頭→気管の順。喉頭=のど、とわかっていれば答えられるはず。 

×
P39
嚥下の際には喉頭蓋は下に傾いて声門部をふさぐ。


P38
したがって、ダブルリングの出る鼻血は頭蓋底骨折の所見となる。

×
P37
乳歯は20本。永久歯28~32本と記載されているのは親知らず(第3大臼歯)が出てこない人がいるためだが、歯茎の中には歯はある。

×
P37
外から、エナメル質→象牙質→セメント質の順。


P47

×
P47
右心房→三尖弁→右心室→肺動脈弁、左心房→僧房弁→左心室→大動脈弁。

×
P47
心臓から遠ざかる方が動脈。ヘモグロビンに乏しい動脈血には肺動脈、臍動脈がある。


P47
心嚢ともいう。

×
P46
心室側(下側)の先端は心尖部という。

 ○
P48
冠状動脈を経た血液は冠状静脈で一つに合わさり直接右心房にそそぐ。
 


P191
個体差があるが、おおむね体重の1/12~1/13≒8%くらい。
 

×
P50
成人の安静時1分拍出量が約5ℓなので約1分で一周する。

×
P55

 
×。P54。気管の表面は多列繊毛上皮。

×
P56
約90平方メートルで、テニスコート1面分とほぼ同じ面積。

×
P56
およそ500cc。


P59
肋間筋や胸鎖乳突筋、腹直筋などの呼吸運動を助ける筋肉を呼吸補助筋という。


P60。


P67
腹膜の後ろの空間が後腹膜腔。

×
P71
胃酸の主成分は硫酸ではなく塩酸。

×
P72
十二指腸→空腸→回腸→上行結腸…。空腸の方が回腸よりちょっとだけ太い。

×
P86
左季肋~側腹部のやや背面、胃の裏側。

×
P85
ランゲルハンス島は内分泌に関与。


P85


P85
α細胞=グルカゴン(血糖↑)、β細胞­=インスリン(血糖↓)、γ細胞=ソマトスタチン(グルカゴン&インスリン↓)。

×
P82
栄養には富むが酸素は消費されている。

×
P83
交通している静脈が側副血行路になる。

 ○
P81

 ○
P81

 ×
P84
胆汁は肝臓で生成されて胆嚢に貯蔵され、胆管を通じて小腸に送られる。

 ×
P88
腎臓は第9~11胸椎の高さ(肩甲骨下端から肋骨下縁にかけて)に位置している。

 ×
P88
腎臓→尿管→膀胱→尿道。

 ○
P152

 ×
P152
外界から順に、角質層→顆粒層→有棘層→基底層→真皮、であり、新しい皮膚は基底層で作られ、上へ上へと上がっていく。

 ×
P152、173
交感神経が活発化すると立毛筋が収縮して「鳥肌が立つ」。

 ×
P163。
主成分は血漿。

 ○
P160。


P188ほか。
21週までが流産、22~36週が早産、37週から41週が正常産、42週以降が過期産。覚え方は「夫婦(22)みな(37)良い(41)」で。